今日は朝一のユーロロングを早々に利確し、落ちてくると過程でロングにしたポジションを損切りしつつ、現在1.2380、90台のロングを維持しています。

落ちてくるナイフを平気で掴んでしまうから、無駄な損切りも多くなります。これが壁です。

明日の米雇用統計をきっかけに、またバーンと上がることを期待しているのですが、これから、そして明日以降のイメージを簡単に整理してみたいと思います。

前にも書きましたが、現在のユーロドルは2002年12月からの値動きと類似しています。

ぜひご覧ください。

1,000本ノックをやってて気づきました。1,000本ノックの利点はもちろん検証なのですが、もっと手前のところに大きな効果があります。

それはチャートをもっとよく見るようになることです。今まで気づかなかったことに気づき始めます。

これ、結構大事かも。

1,000本ノックを受けたい方はこちら

さて、ユーロドルは日足は現在3波目にいると思われます。もしこのまま堅調であれば、1.26前後から1.28前後が高値になる可能性が高いと考えています。

1.26の根拠は、11月押し目と上方ブレイクするまでの値幅とブレイク後の値幅が同じか、1.382倍。値幅が500pipsだったから、最大700pipsの上値があるという計算です。

月足

また、現在週足でも3波目にいると思っています。4波調整、5波がまだ先に来るとイメージしていますが、もしかしたら、まだ1波かもしれません。

前5,000pips上がると書きましたが、もしそうなら、まだ1波目にいるのかもしれません。

そんな夢物語はさておき、明日のバーンを期待してユーロロングを維持したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です