201808は忘れられない夏になりましたね。

トルコの政策当局が国内金融システムを下支えする最初の措置を講じたものの、一部アナリストからは苦境にある市場を守るには不十分だと見なされ、トルコ・リラは一段安となり、他の新興市場国にも通貨安が広がりました。

トルコのエルドアン大統領は米国を批判。利上げを論外とし、国際的な救済措置の要請を拒否すると表明する中で、トレーダーらはトルコ資産を売り浴びせました。

トルコは今日のロンドン時間11:30に現地通貨建ての新発10年と変動利付債の入札を予定していましたが、新発10年債の方は見送ったようです。

トルコ資産を多く抱える欧州へ飛びするか、ここから注目です。

ユーロ・ドル:

1.1400 小

1.1500 小

1.1505 小

注目

1.1500 (メガ級期限8月16日)

1.1550 (大期限8月16日)

ドル・円:

110.00 大

110.25 小

112.00小

注目

110.50 (大期限8月16日)

ポンドなし

注目

1.2700 (大期限8月16日)

豪ドル・ドル:

0.7250 小

0.7310 小

0.7340 小

0.7350 大

ドル・加ドル:

1.3150 小

1.3300 小

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です