前回は内田まさみさんの「FX億トレ」を紹介させて頂きました。

僕は必勝法を探すためにネットに出回る商材も買ってきましたし
ある程度当時流行りの方の本は買ってきてます。

中には書かれてる意味を理解できずに価値がないと決め付けてるところもありでしょうけど
大体は同じことが書いていたり耳障りの良い理論を並べたりしてる本が多いと思います。

ですが参考になるのでは?と思った本はいくつかあるので少し紹介させて頂きます。

デイトレード オリバーベレス、グレッグカプラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

67ページに書かれてる「バンドワゴン効果」
この本の価値はここだけ!ってぐらいなのですがこのページがあるだけでかなりの価値がある本だとは思います。

「ポジションの取り方でトレーディングの8割は決まる」
というページもあり、内容は覚えてないですが僕も「決済」よりも「エントリー」重視派です。久しぶりに目次だけ見てますが読んでおいて損のない良書ではあると思います。

罫線売買航海術―スキャルピングからポジショントレードまでの攻略テクニック  オリバーベレス、グレッグカプラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デイトレードと同じ著者の本ですがこちらは手法に関して書かれた内容です。6264円と結構な価格の本です。
目次は見れず手法は頭に入ってないので内容はあまり覚えてません。ただ1点とても参考になったのは「リバーサルタイム」について書かれてるページです。

手法が書かれてる本は殆どが水平線やトレンドラインの引き方、インジケーターの使い方、組み合わせ方です。
これでレート(チャートの縦軸)を考え出してエントリーと決済を考えるものばかりです。

読んできた有名どころの本の中で時間(チャートの横軸)について唯一書かれてました。今でも「リバーサルタイム」の考え方は取り入れてます。下記一部をご紹介します。

 

 

 

トレードの取り組み方 黒猫アイランド氏

内容はブログと同じなどと書かれてたりもしますが人によってどう見るかだと思います。スイングトレード編では長期で見る「リバーサルタイム」のようなところもありこの点は目から鱗でした。

ただ、もう買うことは出来ないので煽るような文章は書かないでおきます。レビューにあるように「ブログで書かれてる」ような箇所も多いとは思います。

一応はお薦めの本なのでご紹介だけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です