トルコリラ円は28円台で越週しました。

スイスに本店を置くイギリスの投資顧問会社が、「ポートフォリオ内のトルコリラのポジションを全て処分した』と発表したようです。

これが材料視されたのでしょうか。

その理由は、来年2018年にもトルコは、金融危機に陥る危険性があるとの見方からのようです。

トルコ
トルコ

 

トルコリラ円、くりっく365の売買動向推移を見る限り、トルコリラロングは過去最高を更新中。

特に、10月前半の急落後、ポジションは急増しています。

日付      売り  買い
11/07/2017 14,538 301,257
10/31/2017 17,592 288,550
10/24/2017 15,062 268,048
10/17/2017 17,373 259,576
10/10/2017 16,175 250,192
10/03/2017 25,834 285,357
09/26/2017 25,814 270,748
09/19/2017 29,891 238,809
09/12/2017 32,189 226,758
09/05/2017 31,412 226,586
08/29/2017 30,342 236,009
08/22/2017 28,480 253,044
08/15/2017 27,453 252,190
08/08/2017 22,130 241,816
08/01/2017 22,757 235,216
07/25/2017 22,503 230,251
07/18/2017 24,111 205,615
07/11/2017 22,451 212,151
07/04/2017 25,823 193,356
06/27/2017 27,289 182,974
06/20/2017 25,281 188,874
06/13/2017 25,398 190,173
06/06/2017 25,553 185,235
05/30/2017 25,868 184,251
05/23/2017 24,922 180,641
05/16/2017 28,797 172,601
05/09/2017 29,417 170,167
05/02/2017 31,087 167,834
04/25/2017 28,078 177,746
04/18/2017 19,097 196,063
04/11/2017 19,688 192,558
04/04/2017 20,205 184,753
03/28/2017 20,106 176,795
03/21/2017 26,097 163,945
03/14/2017 25,028 168,710
03/07/2017 24,715 165,822
02/28/2017 26,532 160,412
02/21/2017 28,565 152,008
02/14/2017 29,441 150,659
02/07/2017 25,500 158,365

仮に、29円でトルコリラロング100万を保有すると、必要証拠金は116万円。

200万円を預け、100万トルコリラロングを29円で持ったとすると、

50銭下落で、
100×0.5=50万円損
維持率(200-50)÷116×100=129.3%

まだ大丈夫。

1円下落で、
100×1.0=100万円損
維持率(200-100)÷116×100=86.2%

2円下落で、
100×2.0=200万円損
維持率(200-200)÷116×100=0

維持率が0%になることはありません。

アラーム発動は、どこのFX会社も、100〜200%割れ、
強制ロスカットは40〜100%となるため、維持率が0ということはありません。

トルコリラ円がトレードできる会社のアラーム発動、強制ロスカット水準は下記です。

FX取引は証拠金を預けてレバレッジを利用した取引ですので、相場に急激な変動があった場合、予想以上に大きな損失を被る場合があります。

そのため、一定水準以上の損失が発生した場合、投資家、トレーダーの意志とは無関係に強制的にポジションを決済(損失を確定)して、損失を証拠金内におさめるシステムがあります。

これが、投資家保護を目的とした強制ロスカットの仕組みです。

また、こうなる前に、注意喚起を目的にアラーム(マージンコール)を発生する仕組みも、各社で取り入れられています。

このような仕組みがしっかり整備されていますので、証拠金以上の損失を被る可能性が低くなるわけです。

 

マネーパートナーズ
アラーム維持率100%、強制ロスカット維持率40%

GMOクリック証券
アラーム維持率100%、強制ロスカット維持率50%

SBIFX
アラーム維持率100%、強制ロスカット維持率50%

FXプライムbyGMO
アラーム維持率100%、強制ロスカット維持率80%

ヒロセ通商
アラーム維持率200%、強制ロスカット維持率100%

メキシコペソはFXプライムbyGMO
トルコリラはSBIFX、南アランドはマネーパートナーズ

維持率100%割れで、会社によっては強制ロスカット発動ですが、多くの会社では追加入金、あるいはポジション整理がアラーム発動で迫られます。

これらアラーム発動や強制ロスカット水準で分かるように、預け入れ証拠金やポジション量にもよりますが、
27円台に入ってくると、維持率が100%を割れて、慌てる人たちが急増することになりそうです。

もしそうであれば、売り注文が殺到し、25円台も年内にあり得るかもしれません。

トルコリラ円取引をこれから初めて取引する方は、年内最後のチャンスが来るかもしれません。

上記比較表を参考に口座開設など準備だけ整えておきましょう。

 

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
678dgf 678dgf 678dgf eo9u78413

“トルコリラ円を取引できる会社” への7件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です