トレード手法というものを考える場面がありましたので説明できそうなトレードをいくつか書いてみようかと思います。

1.ラウンドナンバーでの逆張り
2.ブレイク失敗を狙った逆張り
3.オーバーシュートの戻り

基本的に上記とプライスアクションで判断。

1.ラウンドナンバーとは111.00など所謂00というレートです。
心理的な抵抗になるので利確も入りやすく一旦は反発することが多いです。
その動きを逆張りで狙います。

2.手法本などに抵抗線のブレイク狙いが良く書かれてます。でも実際やってみると天底掴んで反転損切りばかり。だからその反対をやる感じ。

3.トレンドラインなどで利確ポイントよりも大きく走った動きがくれば反発戻し狙い。

注意点

どのトレードも適当にやっても勝てるとは思います。
でも失敗すればトレンドの初動になって一気に走るので大事なのは死に方。

詳しくはまたの機会に書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です