今回の日銀のフォワードガイダンスに対する見方が、超大手投資銀行で異なるって面白いですね。円ベア派のゴールドマンサックス、円ブル派のモルガンスタンレー。

現在は円ベア派の動きが優勢となっており、明朝の米FOMC、金曜日の米雇用統計までどのような展開となるか、大注目です。

23時のNYカットのオプションですが、今晩は数億ドルと小さいですが、明日と明後日はそれぞれ10億ドル~20億ドルで非常に大きく、2日で30億ドル以上となっているため、注目が集まります。

ドル円:
110.50 小
111.50 小
112.00小

注目
111.00 (大期限8月2日)
112.00 (大期限8月2日)
112.00 (大期限8月3日)

チャート形状は、持ち合いブレイクですので、7月19日に付けた113円173銭、そして今年1月の年初来高値113円384銭トライ必至と思っています。

115円をトライする相場に発展する可能性も十分ありますので、8月はとても重要な月になるかもしれません。

思い込みは禁物ですが、8月はみんなでガッポリ稼ぎましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です