8月2日のメキシコ中銀の政策金利決定を巡り、スワップトレーダーとエコノミストの見方が異なっている。市場が利上げを見込む一方で大半のアナリストは金利据え置きを予想。

トルコ中銀は31日、5%のインフレ目標をあと3年達成できない見通しであることを認めた。金融政策引き締めの兆候を求めていた投資家は失望!ダメだコリャ。

トルコ中銀:18年のインフレ率見通しを13.4%に引き上げ(従来8.4%)

今年のインフレ予想はより現実的になったが、2019・20年の予想修正は「より憂慮すべきだ」と、トルコ経済銀行(TEB)のストラテジスト、エルキン・イシク氏が指摘。「中期予想の上方修正は、中銀がインフレよりも成長を優先し、高インフレの長期化を容認していることを示唆している」

新興国を発端とした金融危機をソロスが唱えているだけに、トルコはホントに怖い

ユーロ・ドル:
1.1590小
1.1600 メガ級
1.1625 小
1.1665 以下同じ
1.1670
1.1675
1.1680
1.1685
1.1695
1.1700
1.1725
1.1750
1.1775

注目
1.1800 (メガ級期限8月3日)

ドル円:
110.50 小
111.50 小
112.00小

注目
111.00 (大期限8月2日)、
112.00 (大期限8月2日)、
112.00 (大期限8月3日)

ポンド・ドル:
1.3150 小
1.3300 小

豪ドル・ドル:
0.7400 小
0.7405 小
0.7470 小
0.7499 小
0.7500 メガ

注目
0.7350 (大期限8月2日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です