ロンドンカットのオプション情報

ユーロ・ドル:
1.1425 大
1.1450 中
1.1465 小
1.1475 小
1.1500 小
1.1520 小
1.1525 小
1.1545小
1.1550 小
1.1575 小
1.1680 小
1.1715 小

注目
1.1450 (大期限‪10月18日‬)、
1.1500(大期限‪10月18日‬)、
1.1550 (大期限‪10月18日‬)

ドル・円:
111.75 小
111.85 小
112.00 小
112.40 小
113.00 中
113.50 小

注目
113.50 (大期限‪10月18日‬)

ポンド・ドル
1.3180 小
1.3300 小

豪ドル・ドル
0.7050 中
0.7075 小
0.7125 大
0.7200 小
0.7210 小

ドル・加ドル
1.3100 小

NZドル・ドル
0.6550 小

ユーロ・ポンド
0.8700 小
0.8750 小
0.8800 小

1兆ドル規模のファンド、ノーザントラストの最高投資責任者ジム・マクドナルド氏が運用方針を転換したとの報道。同氏は、金融資産に関して何年も強気スタンスを維持してきたが、このほどディフェンシブ姿勢に転じたらしいですよ!その理由は、よりタカ派的となった米金融当局の姿勢のようです。

同氏はウェブサイトに掲載したビデオで、「リスクを何年もオーバーウエートにしてきたが、戦術的リスクポジションを中立に変えた」とし、「米金融当局が中立の地点で引き締めをやめず、最終的にはリスク意欲と経済成長を抑制する水準にまで金利を引き上げるとの懸念を深めているためだ」と述べました。

パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は今月、「中立を超えるかもしれない」と発言。また、エバンス・シカゴ連銀総裁は「中立を50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上回る水準」への利上げが必要かもしれないとも語っています。

明朝にはFOMC議事録の公表があり、米FRBが強気になるほど、米株式に対する不安が高まりやすくなるのかもしれません。

昨日はショートをロスカット。なんのこっちゃ無い、結局また元に戻るといういつものユーロの動き。今日も午前中からユーロショート。これどうなるかな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です