ここ数日間の新興国通貨売りはメキシコやブラジル、南アフリカ共和国などの利上げを促すのに十分かもしれないと、関係筋が指摘。

過去の例を踏まえると、中銀が利上げするのは、通貨が2カ月以内に10%余り下落し、インフレが目標を上回る水準ないしは、上昇トレンドにあるときだと
説明。

ユーロ・ドル:
1.1475 小
1.1500 小
1.1575 小
1.1600 大
1.1615 小
1.1650 大
1.1700 メガ
1.1725 小

注目
1.1700 (大期限6月18日)

ドル・円:
109.25 小
109.50 小
110.00中
110.50 大
111.00 中
111.05中
111.56 小
111.85 小

ドラギマジックというのか分かりませんが、来年夏まで利上げしないと言い切るのが凄い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です