根拠のあるトレードって何?

みなさん、根拠のあるトレードを心掛けていますか?

私も決して胸を張って、やっているとは言えません。

もし言えたら、とっくにトレードだけで生活していると思います。

根拠のあるトレードって、理由が明確なトレードですよね。

会社でも、家庭でも、結果を求められることには、何かしら根拠も求められます。

何となくそう思うからとか、カンですって、上司の前で言おうもんなら、次から仕事を任せてもらえませんよね。

トレードも同じです。

根拠に乏しいトレードを繰り返すと、資金が減る一方だと思います。

とはいえ、自分なりに根拠のあるトレードを繰り返しているつもりでも、なかなか利益は積み上がらないという方も多いと思います。

根拠のあるトレードを繰り返すことは、そう容易いことではありません。

では容易くやる方法はないのか?と思いませんか?

実はあります。

これって、意外とみんなやってなさそうで、実はやっていることです。

あなたのやっている仕事、やってきた仕事と同じことをやればいいのです。

これは昔、利益を上げ続けているトレーダーに言われた言葉です。

その時は、トレードをしていなかったので、何とも思いませんでした。

しかし、ここ最近はこれを繰り返し自問自答しています。

自分はどう仕事しているだろう、してきただろうと。

それで気づいたのです。

それは仮設と検証です。

もっと簡単に言うと、イメージと振り返りです。

上がる、下がるをまずはイメージするから売り買いすると思います。

次に、ここまで上がる、下がる、そして反対の場合はここをブレイクすると、加速するかもと考えると思います。

ここまでは、トレード経験を少し積めば、多くの方ができるようになるはずです。

しかし多くの方がやっていないことがあります。

それは振り返りです。

後悔、反省、褒める、喜ぶ、納得、理解、という行為を思うだけで記録している方が少ないと思います。

どうでしょうか?

振り返っても、一過性で終わり、直ぐ忘れるということはありませんか?

だから、ノートを買ったり、エクセルで立派な日誌、トレード記録表を作ってみる。でも続かない。

やめよう、やめようと思う携帯ゲームが続いたりするのに。やめよう、やめようと思うタバコもそうかも。

依存症と言ったらそれまでですが、続けるべきことが続かない。

みんな同じです。

私もそうです。

トレード記録を付け始めたはいいのですが、やっぱり続かないのです。

一念発起してもダメなものはダメ、続かないことは続かないのです。

でも、最近、これなら続けれるかもと思える方法があります。

それは、スマホ画像を使った方法です。

仕掛ける、仕掛けた際のチャート画像を保存し、仕掛けた理由と結果をテキストで書き込むようにしています。

これを時間があるときに、写真を見るように見続けて、トレードを振り返ります。

テキストも文字数が限られているので自分が分かればいいと割り切って、細かいことは全く気にせず打ち込みます。

そうすれば、今までゲームをやったり、YAHOOニュース見たり、SNSを見たりする時間が、トレードするための時間に変わりました。

これを繰り返していけば、より精度の高い根拠のあるトレードが10、20%も上がるはずです。

これを週末など時間があるときに、PCチャートと見比べて過去へ戻っていけば、本格的な検証にも使え、新たなインディケーターやテクニカル分析の発見、気付きにもなり得ます。

トレード記録が続かない、
トレードの振り返りを簡単に行いたい、
トレードを検証したい、
根拠のあるトレードの精度を上げたい

そして、根拠のあるトレードをやりたい、やり続けたい

という方にはお勧めの方法です。

ぜひお試しください。

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
678dgf 678dgf 678dgf eo9u78413

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です