もう4月ですね。

エフプロには、まだ小学生にもならない子供が二人もおります。エフプロはもう40代半ば。子供達が成人になるまでにはまだ20年近くあります。その時エフプロは60代半ば。人生の道のりはまだまだ長い。

だから親父はまだまだ老いるわけにはいかない。そしてまだまだ稼がなくてはいけないのです。だから、エフプロは、自分の経験を活かすため、昨年からFXを始めました。

FXを始めるなら早いほうがいい

60代になってFXを始める方々が結構いらっしゃいます。しかし、残念ながら成功する方々をあまり見たことがありません。リスクをテークするという考え方に慣れておられない方が多いのだと思います。

そういうことがあるので、昔からFXを始めるなら40代までにと強く決めておりました。自分の5年後、10年後、20年後を考えた場合、遅くとも40代までには始めなければと考えておりました。そして、毎月50万円から100万円を稼ぐトレードスキルと経験を身に付けようと。

そうすれば、やがてそのスキルと経験が数千万、数億円に繋がると信じております。そのためには、退場することなく、焦らずゆっくりトレード経験を積み上げて行く。そうすれば、結果は自ずとついて来る。

1年、2年はあらゆる失敗を繰り返す覚悟です。

エフプロが見て来た経験上、強くそう思っております。
現在FXをやっている方々も同じような気持ちではないでしょうか。そうなるためには、当たり前ですが、FXを継続する必要があります。FXを継続、FXで生き残るためには、どのような方々が数年以上、FX投資家として残っているかを知りましょう。

 

FXを継続している方々のパターン

数多くのFX投資家を見てきましたが、FX投資家で取引を継続できている方々は4パターンと例外に分かれます。

そのうち、例外の方々は、なんでFXをやっているのだろうと思ってしまう方々です。FXを始めたが、多くの投資家がさまざま理由で去っていきます。

多くがリスクテークを見誤るか、損切りに失敗するか、どちらかに該当します。

損切りの本当の重要性を理解していない方々が圧倒的に多いのです。10回の損切りのうち、8、9割は結果的に不要だったと思うのですが、残り1、2割で命拾いすることを知らない人達が、圧倒的に多い。

損切りをしなければ、利益になることが非常に多い、だから損切りは無駄とか。損切りばかりだと、損切りビンボーで儲からないという人達が多くおられます。しかし、そういう人達に限って、まず退場となります。

これは間違いありません。

10回の損切りのうち、8、9割は結果的に不要なことが多い。これは事実です。しかし残り1、2割の損切りで命拾いするのも確かです。このことに多くの方々が気付けない。あるいは、気付いても実行できない。継続できない。だから、ほとんどの方々はFXで損して終わるのだと思います。これが分かれば、FXで成功する可能性がグーンと上がるのに。これを頭で理解できている方々は非常に多いです。

しかし、これは経験として身に付けなければ、なんの意味もありません。

これを経験として身に付け、FXを継続できている、残っておられる方々は以下4パターンと例外のどれかに当てはまります。

あなたはどうですか?そして、どのパターンを目指しますか?目指していますか?

1.ある程度のまとまった資金で短期トレードを繰り返し、着実に利益を積み上げている。利確、損切りを繰り返す。

2.利益が上がっているポジションを何カ月、何年も持ち続けている。相場の端っこで参入する。もともと資金がある方々が多い。

3.無理せず小さな資金でのトレードを繰り返している。一般的なトレーダー。

4.数ヶ月に数回自分がチャンスだと思う時だけトレードする。これは理想のトレードですが、ほとんどの方々は最初からこれを目指してしまう。

例外.利確を繰り返しながらも、含み損を持ち続けている。もともと資金がある方々が多いが、FXを止めるにやめられない。損切りは適度にやるが、ルールが曖昧。
例外の方々はなんでFXを継続しているかよく分かりません。

このような方々は大体もともとお金を普通の方々以上に持っている場合が多いです。こういう投資家がFX会社として一番美味しい。含み損を抱えながら、また新しい資金を投入する。お金が続く限り、FXをやめない、やめられないのです。

エフプロは、3のトレーダーです。

小さな資金で売り買いを繰り返し、経験を積み、やがて1のトレーダーになれると信じております。あなたもそうじゃありませんか?FXをトレードしている方々の実績を見る上でまず見るのは、確定利益、損失額です。
そして次に含み損益額を見ます。

 

FXで勝ち続ける人たちは10%もいない!?

1から4の方々は、FXトレーダー全体の20から30%ほどに過ぎません。そして、2、3年間以上、確定損益額がプラスのFX投資家の方々は全体の10%未満。5%いるかも微妙。ほとんどの方々はマイナスです。

数ヶ月単位で見ると、この数字は40%ぐらいまで上がります。しかし、時間の経過と供に、多くのトレーダーが脱落していきます。この10%の数字が多いと思うか、少ないと思うか?これはあなた次第です。

たった62人が全世界の富の半分以上を持つと言われています。FXトレードで利益が上げるほうが、全世界の62人の中に入るより、絶対簡単に決まっています。

前向き過ぎますかね⁈

 

FXを始めても、負けて終わる方々とは?

だから、結論として 、FXを始めても、負けて終わる方は以下3つのパターンのどれかに当てはまります。

1.損切りしない、損切りできない、徹底していない。

2.自分がFXに投入できる金額とリスクを見誤っている。

3.チャンスを待てない、チャンスがいつか分からない。

千里の道も一歩から。まずは、少ない資金で売り買いを繰り返し、経験を積む。1万通貨から10万通貨ぐらいで十分です。資金は5万円から50万円。

これを1年から3年継続できれば、数百万円単位に資金が膨らんでいると思います。次に、1へ昇格し、ある程度ポジション量の大きさに慣れる必要があります。ここからは慌てる必要がありません。

1が合わないと思えば、3に戻り、たまに1になればいいのです。そして、最終的には4のトレーダーを目指します。

 

FXを始めても、負けて終わる理由とは?

多くの方々は最初から4を目指します。だから失敗するのです。

4で最初から成功するのは、極々一部の天才だけです。3のトレーダーのうちに、FX、為替、相場の基本を学び、損切りを身に付けるのです。3のトレーダーを3ヶ月間から半年間目指し、ダメならFXをとりあえず止めるべきです。そして、相場の端っこと思しき時に参入するのです。

3のトレーダーを目指していれば、売りから入るなど、相場の基本をある程度学んでいるはずなので、これだけでチャンスは2倍に拡大します。また、複数通貨の経験を積んでいれば、そのチャンスは数倍に広がります。

初めてFXをトレードする人達のほとんどがドル円の買いからです。

ドル円の買いだけで、4のトレーダーを目指すから、多くの方々が負けるのです。

だから、今FXで負け続けている方々は、少ない資金で短期売買を繰り返し、いろいろな経験を積むことに専念しましょう。そして、3ヶ月間から6ヶ月間で限界を感じたら、FXを止めるのです。しかしやめても、あなたにはかけがえのない経験が残ります。その経験をチャンスに役立てればいいのです。

FXはゼロサムだからという表現をする方が多いですが、そんな方々に限って、考え方もゼロサムです。FXも仕事や人生と同じ、経験が全てです。

FXで生き残るためには?

仕事や人生で経験を糧にしているのに、FXではその経験を活かし切れていない。恐怖がそうさせているのだと思います。短期売買で失敗しても、絶対的な経験が積み上がるので、それを活かすために努力するのです。

経験値もレバレッジを掛ける。たくさん仕掛け、たくさん失敗する。最初の3ヶ月間から6ヶ月間はこれに徹してください。

まとめ

FXで生き残り、勝つためには、儲けるためには、経験値を上げることが必要です。スイングトレーダー、中長期トレーダーを最初から目指すから、経験が圧倒的に足りない。スイングトレーダーが1年で経験する失敗を、短期トレードで1ヶ月から3ヶ月間で積むのです。

これこそ経験レバレッジです。

そして、それで上手くいかない場合も、相場の端で参入できるように、じっくりチャンスを待つのです。始めた以上、やめるという選択肢は端から捨てたほうがよいと思います。

みなさん、お互い精進し、未来へ向けて一緒に頑張りましょう!

 

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
678dgf 678dgf 678dgf eo9u78413

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

参考になったと思われましたら応援クリックをお願いします。