トルコ中央銀行が13日に発表した銀行システムを支える措置が安定回復に寄与する可能性があるとの見方が広がりました。

トルコの当局は14日に銀行に送付した文書で、自己資本比率の値洗いを一時停止する新ルールについて、証券価格が「正常化」するまで続くとし、「市場の最近の投機的なボラティリティー」が銀行の資本力の「不公正な低下」を引き起こしていると説明。

これはまともな対応なのだろうか⁈

だったら、fxの値洗いも一時的に停止してくれれば、多くの投資家も強制ロスカットを免れたのに。

時価会計では、ポートフォリオは資産の簿価ではなく、現時点の時価総額で表されなければならない。

ユーロ・ドル:

1.1375 小

1.1500 小

注目

1.1500 (メガ級期限8月16日)

ドル・円: 

110.00 小

110.50 以下同じ

111.75

112.00 

112.15 

112.20

112.25 

112.50 大

注目

110.50 (大期限8月16日)

ポンド・ドル: 

1.2750 小

注目

1.2700 (大期限8月16日)

豪ドル・ドル:

0.7282 小

0.7300 小

注目

0.7300 (大期限8月16日)

ドル・加ドル:

1.2900 小

1.3050 以下同じ

1.3052

1.3185 

注目

1.3050 (大期限8月17日)

NZドル・ドル: 

0.6550 小

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です