ユーロ・ドル:
1.1300 小
1.1325 小
1.1350 大
1.1400 小
1.1475 小
1.1500 大
1.1550 小

注目
1.1300 (大期限‪10月31日‬)、
1.1450(大期限‪10月31日‬)、
1.1500 (大期限‪10月31日‬)、
1.1550 (大期限‪10月31日‬)

ドル・円:
111.25 小
111.35 小
112.00 小
112.65 小
112.70 大

注目のストライク:
111.60 (メガ期限‪10月31日‬)、 相当デカイ
112.00 (大期限‪10月30日‬)

豪ドル・ドル:
0.7125 小

ユーロ・ポンド:
0.8850 小

S&Pグローバル・レーティングは先週26日、イタリアのソブリン格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げたものの、投資不適格(ジャンク)級から2段階上の現行格付けを据え置きました。

1週間前にはムーディーズがイタリアを格下げしましたが、ジャンク扱いにはしませんでした。

2つの格付け会社の見直しを乗り切りジャンク入りを回避したことで、イタリアの連立政権は規則違反の予算案を巡る欧州連合(EU)との交渉で立場が強まるかもしれないとの見方もあり、混迷はまだ当分続きそうです。

そんな中、ドイツ政局も不安定な状態が続いていますので、ユーロドル軟調地合いはまだ継続するのでしょうね。

ドル円は、111.60のオプションオーダー、最近ではかなり大きいものがあるため、そこをバックに買っている参加者が目立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です