オーストラリアの中央銀行、RBAは本日、主要政策金利を過去最低に据え置くことを決めました。

豪失業率は現在、通常であれば完全雇用状態を意味する水準に改善していますが、インフレ加速を促すには至っていないとのことです。

ロウRBA総裁は、力強い経済成長と雇用の伸びが最終的に賃上げにつながると予想。もしそうなれば、低インフレ環境からようやく抜け出すことになると言及しました。

しかし、不動産価格の下落が低インフレを招く結果となっているため、引き続き中国経済の持ち直し如何が、豪ドルの浮沈に影響を与え続けるという見方が妥当かと思われます。

今晩、直近高値0.7258ぐらいを抜けたら、売ってみたいと思いますが、さてどうなるか?

ロンドンカットのオプション情報

ユーロ・ドル:
1.1350 小
1.1380 小
1.1450 小

注目
1.1300 (大期限‪11月7日‬)、
1.1500 (大期限‪11月7日‬)

ドル・円:
112.00 小
112.10 小
112.50小
112.85 小
113.00 小
113.25小
113.75 小

ポンド・ドル:
1.2925 大
1.3000 小

豪ドル・ドル:
0.7145 小
注目
0.7200 (大期限‪11月8日‬)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です