FXとは、外国為替証拠金(保証金)取引を指します。

そもそもFXは、ForeignExchangeの略ですので、外国為替を総称してFXと呼んでいましたが、
FXが人気金融商品になるにしたがって、FX=外国為替証拠金(保証金)取引を指すように
変遷してきました。

FXは、為替を売買して利ザヤを稼ぐ金融商品ですが、1998年前には存在しませんでした。

為替の取扱いは昔、大手銀行しかできなかったことをご存知ですか?20代の人は知らないと
思いますが、昔は銀行が腐るほとあり、その中でも為替取扱いが可能な銀行が限定されて
いました。為替が取扱える銀行というだけで、昔は大きなステータスだったようです。

1998年の外為法改正に伴い、銀行以外でも為替の取扱いが可能となり、両替サービスができたり、
今のFXができたりしました。家電量販店で両替ができるようになり、その当時ニュースで
大々的に取り上げられていました。今ではトラベレックスを始め、一部FX会社でも両替が
できます。

両替は外国為替の交換ですが、FXの仕組みは、差金決済による通貨の売買です。

差金決済という考えが分かりづらいと思われる方は、FX=両替と理解するだけでOKです。

ちなみに差金決済は、直接の現金の受け渡しを行わずに反対売買による差金(値幅×取引量)
で取引を成立させるというものです。FX会社に預け入れた証拠金の増減で取引が完結
するわけです。

モノを売買すると、代金の支払い、受け取りが発生しますが、証拠金を預託すれば、
売り買いの差額だけ(利益と損失)のやり取りでオッケーというのが差金決済です。

そして、差金決済をいくらの証拠金でやっていいよ、というのがレバレッジです。

唐突ですが、アメリカへ遊びに行くとしましょうか。とりあえず設定が必要なので。
買い物はクレジットカードでするけど、コーヒーなど細々としたものを買う場合、
現金(ドル)が必要になりますよね。

とりあえず10万円を1ドル=100円のときに、米ドルに換えると、それが1,000ドルになります。

でもその1,000ドルを全く使わず、換金しようか迷っていたところ、帰国後、ドル円が
1ドル105円になっていたらどうしますか?

次回アメリカへ行くときまでにその1,000ドルを取っておきますか?それとも1,000ドル
を円へ戻しますか?

105円のときに換金すると、1,000×105=105,000円になりますので、何もしなくても
5,000円儲かります!普通なら5,000円がほしいから換金しちゃいますよね。
※手数料は加味していません。

今の例でいくと、100,000円が1,000ドルになり、1ドル=100円から105円に上がった
だけで5,000円儲かります。これがもし、100万円であれば、1万ドルとなり、
5円ドル高円安になると、5万円儲かります。

1,000万円であれば、10万ドルになり、5円ドル高円安で50万円儲かるわけです。
1億円だと、500万円儲かります。

こんなドル円の取引が、FXだともっと小額で取引できるのです。
それが、てこの原理と呼ばれるレバレッジです。

1,000ドルの取引が約4,000円から、100万ドルの取引が約400万円から
できるのがFXの強みです。

では、具体的にレバレッジ1倍から考えてみましょう。

1万ドルの取引が日本円いくらでできるかを考えると、とても分かり易いです。

1ドル=100円の場合、100円×1万ドル×1倍=100万円です。

1ドル=90円の場合、90円×1万ドル×1倍=90万円

じゃあこれをレバレッジ100倍(1%)にすると、

1ドル=100円の場合、100円×1万ドル×1/100となり、10,000円で1万ドルの取引ができちゃいます。

1ドル=90円であれば、90円×1万ドル×1/100(1%)となり、9,000円で1万ドルの取引ができるわけです。

本当は90万円や100万円が10,000ドルを取引するのに必要なのに、レバレッジ100倍であれば、
10,000円や9,000円で済んじゃうんです。

しかし、現在はレバレッジ25倍、証拠金率4%というのが上限になっています。

1ドル=100円のときであれば、100円×1万ドル×4/100(4%)=4万円が必要となります。

これでもレバレッジ無しだと100万円が必要なところ、4万円で1万ドルの取引ができるので十分ですよね!

計算方法は以下のとおりです。

1万ドル円×為替レート×0.04
10万ドル×為替レート×0.04
100万ドル×為替レート×0.04

ドル円に限らず、すべての通貨の取引必要証拠金は同じように計算します。
但し、クロス円は異なります。クロス円の計算方法はこちらで解説しています。

1ドル=100円のとき、4万円で1万ドルの買いポジションを持ち、100円が110円になったら、
値幅10円×1万ドル=10万円が儲かるわけです。ただ、美味しい話には必ず裏があります。

レバレッジ25倍だから、FXでは25倍の利益にもなるし、25倍の損失にもなる。
だから、FXは危ない金融商品だという方がいます。残念ながらこれはちょっと
FXを知らな過ぎです。

手元に100万円があり、1ドル=100円のとき、25倍の取引した場合、1回のトレードで
MAX25万ドルの取引が可能です。そして、1円上下すれば、25万円損益が発生します。
利益ならいいですが、損失なら100万円がいきなり75万円になります。

そして、4円上下すると、利益であれば100万円、損失であれば、100万円が0円になります。

だからFXを危ないと仰るのも分かります。

ただ、FX会社がそんな危ない金融商品をみなさんに提供するはずがありません。
自分たちにとってもその商品はリスキーです。

なぜなら、値動き次第では、FX会社は債権回収に動かなければいけないからです。

上記例で説明すると、5円上下に動き、損失が発生すると、金額は125万円となり、
25万円の不足金が発生します。この不足金を回収するのは非常に難儀なことです。

だから、できるだけこうならないように、FX投資家を守る、そしてFX会社も自分たち
を防衛する仕組みがあります。レバレッジを活用するには、このルールを
守らなければいけません。

それがロスカットルールです。

ロスカットルールとは、FXをやる上において、投資家を守るルールです。
レバレッジという有効な武器をフル活用するための必要な防御なので、
しっかり理解しましょう。

ロスカットルールとは、損失が所定の水準に達した場合、金融商品取引業者が、
リスク管理のため、ポジションを強制的に決済することです。

取引高世界NO1 のGMOクリック証券の説明を引用。

ロスカットとは、お客様の損失拡大を防ぐために、お客様の全建玉を自動で
決済する機能です。外国為替相場は時として、急激にレートが変動することがあります。

お客様が建玉を保有されている時に、予想とは反対方向にレートが急変した場合、
許容範囲以上の損失を抱えてしまう場合があります。そのため、GMOクリック証券
のFXネオ取引ではシステム的に顧客資産のロスカット判定を行い、下記のロスカット
適用条件に当てはまると判定されたお客様の全建玉を自動で決済しています。

為替市場の場合、株式市場と異なり、ストップ高、ストップ安という値幅上限下限
がないので、値動きが激しく、一方方向へ動き続けるというリスク(もちろん流れに
そったポジションを保有していればボーナスチャンス)があります。

だから、預け入れた証拠金以上の損失が発生しないように、このような仕組みが法制化されています。

各社ロスカット水準が異なります。だから、下記の最低2点は、取引を始める前に必ず確認しましょう。

1、ロスカットとなる「維持率」は何%?
2、ロスカットが執行されるのは何時?そして時間猶予がどのくらいあるのか?

※預け入れ証拠金を常にすべて使うと(全体の預け入れ証拠金が見れば、レバレッジは25倍)、
即ロスカットになる会社もあれば、入金や損切りなど対応時間を提供してくれる会社もあります。

お勧めは世界NO1の取引高を誇るGMOクリック証券