FXのオプション情報活用術

FXオプション情報とは?

FX情報、セミナー、レポートなどで、オプションという言葉を一度は聞いたことがあると思います。オプション情報を使えば、取引を一層やりやすくなるってご存知でしょうか。それは分かるけど、使い方がよく分からないという方も少なくないと思います。

オプション情報を簡単に表現すると、ストップアンドゴーのポイント情報です。

FXオプション情報はどんな人たちにお勧め?

ストップアンドゴーする水準がどこなのか分かれば、トレードがとても楽になります。特にデイトレを行う、10銭〜50銭ぐらいを狙いたい人たちにとっては、喉から手が出るほどの情報ではないでしょうか。

例えば、デイトレーダーは一日のドル円の流れは上だろうけど、どこまで上がるかなとみんな考えると思います。みんな使うのが、テクニカル分析、トレンドライン、高安です。しかし、ゆっくりチャート分析する時間がないという人たちも多いと思います。またチャートの見方がよく分からないという人たちも少なくないでしょう。

そうした人たちにお勧めなのがオプション情報です。FX初心者の方々にも最適です。

FXオプション情報を入手する方法は?

どこどこにオプションオーダーがあるという情報は、どこどこに宝が眠ってるとか、あの宝くじ売り場には、他より3倍の当選番号が置いてあるという情報に匹敵します。こうした情報は簡単には入手できませんが、下記のようにグローバルインフォ24やFXWAVEで提供しています。

これら情報の原型が下です。これはブルームバーグ社が有料で出している情報で毎日午前11時ぐらいから12時ぐらいに出ます。

ドル・円: 106.00 (6.1億ドル)、 106.25 (6.5億ドル)、 106.50 (4.83億ドル)、107.35 (3.1億ドル)、 107.50 (3.44億ドル)
注目のストライク: 106.00 (12億ドル 期限4月12日)、 107.00 (11億ドル 期限4月11日)、 108.00 (16億ドル 期限4月12日)

FXオプション情報をどのようにトレードに活用するの?

FXオプション情報はストップアンドゴーのポイント情報と言いました。ストップは壁、バリアです。そしてゴーは、ストップオーダー同様の加速となります。つまり、オプション情報を上手く利用すれば、利食いと損切り設定しやすくなるわけです。

上記でも解説した通り、利食いや損切りポイントの設定に高安やテクニカル分析を使わなくても、オプション情報さえ見ておけばいいのです。また、仕掛けも同様です。オプション情報を参考に仕掛けることもできるわけです。

例えば以下は2018年4月13日のブログです。

ドル円ロングやめました
fx-profit 2018年4月13日 コメントなし
ドル円ロングやめました。107.50手前の防戦売りに上値抑えられました。
NZドルを代わってショート。0.7350割れを狙ってみます。トリガーがあるらしいので。
NZドルの値動き次第ですが、16、17時、23時に107.50、70を、トライするかもしれないので、その時は107.90台を狙います。

これは107.20台でドルロングにしたけど、107.50手前で利確したことをプログに書いております。また、ドル円が上がり始めたら、107.90まで上がるかもしれないと書いた記事です。実際の4月13日のドル円動きはこうでした。

107.20台から107.70台まで上昇後、下落する一日となったわけですが、この日は実は107.20にもオプションオーダーがあり、これを付けられずドル円は上昇し、70を付けて上昇は終わってしまいました。23時に発表されたミシガンがもし良ければ、108円に見えていたオプショントリガーをトライしてた可能性が高かったと思っています。

このように、オプション情報を交えながらチャートを見れば、上がった下がった場合の利確、撤退ポイントはもちろんのこと、仕掛けポイントが見えやすくなります。ちなみにこの日のNZドルは0.7350割れで終わりました。

まとめ

来週から、オプション情報を交えた実践トレードに関するブログ更新を自分の備忘録としてアップしたいと考えております。みなさんのトレードに役立つと思われればぜひご覧ください。なるべくツィッターでも囁きます。

FXWAVEは、ヒロセ通商
グローバルインフォ24は、FXプライムbyGMOとセントラル短資FXで無料提供しています。

オプション情報についての基本知識はGMOクリック証券やFXプライムbyGMOで勉強できます。
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/study/02.html

https://www.fxprime.com/service/binaryoption/study/detail.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です