ここでは、FXで失敗するワースト5をご紹介したいと思います。どのパターンも相場で負け続ける、失敗するパターンなのですが、その中でも実は優劣があるかなと考えております。

1-0 初心者がやっちゃうワーストの失敗とは?

ランキング方式で解説する失敗は本当にみんなやっている失敗です。これからFXを始める人達は、人の振り見て我が振りを考えましょう。これらをやらなければ、トレード結果は断然に良くなります。

ワースト1 含み損を保有し、他通貨を取引
ワースト2 トレンドに逆行したナンピン
ワースト3 両建て
ワースト4 含み損を持ったまま放置
ワースト5 損切りするけど、後は様子見

1-1ワースト1<含み損保有し、他通貨を取引>

含み損を抱える通貨がレンジ相場であればいいですが、トレンド相場なのに、それを無かったかのように、異なる通貨を取引。これは負の連鎖を助長するに過ぎないため、決してお勧めできるやり方ではありません。このようなトレードする人は、他通貨でも引っ掛かり、また別の通貨へ乗り換えて、また含み損を抱え放置する傾向が強いです。こうなると泥沼化間違いありません。

相関性を意識したリスク分散であれば理解できます。しかし、そうではなく、行き当たりばったりのトレードに終始することが非常な多い。あなたもこのようなトレードをしていませんか?初心者は絶対に真似しちゃいけません。こうなってしまうと、ポジションを維持することが先決になり、資金が死にます。そして精神的にもやられ、終いにはどうでも良くなり、強制ロスカットを待つのみの状態になります。

もしこのようなトレードをしている人がいれば、メインの通貨を絞った取引に専念することをお勧めします。但し、トレンド相場でたまたま中途半端のところで引っ掛かり、レンジブレイクを待って対応というスタンスであればOKです。

このパターンに陥る人達に限って、メンタルを強くしたいとか、ストレスを軽減するトレード手法はありませんか?と聞いてきたります。いやいやそういう問題ではなくて、ポジション管理が先ですと心の底から言ってあげたいです。

1-2ワースト2<トレンドに逆行したナンピン>

トレンドに逆行したナンピンは本当に初心者に多い、失敗パターンの典型例。失敗日本代表です。値ごろ感で売り買いしたはいいものの、相場が自分のポジションと逆行した値動きを継続。平均値を良くしたいとい気持ちから、買い下がり、売り上がりを繰り返す。そして、相場が大相場に発展したら、耐えられなくなり、どこかで諦める。

このような相場は、金融機関の相場展望も総強気か総弱気になる傾向が高い。だから資金的に余裕があっても、心理面で耐えられなくなることが少なくありません。仮にこのようなトレードで耐えて成功しても、いつかは大損失を被ります。そのようなトレードを毎回許してくれるほど、相場は甘くありません。ナンピンで成功するのは、資金が潤沢な大金持ちと、コツコツ小さく買い下がる、売り上がる人達だけです。

2018年4月20日現在、トルコリラ円のロング継続で利益を上げている人はいるのでしょうか?来週25日に利上げすれば、助かる人達が大勢出てくるかもしれませんが、利上げ見送りなら、相当覚悟したほうが良いと思われます。

1-3ワースト3<両建て>

利益確定の両建てや、長めのトレンドは上昇、しかし、短期的には下みたいなときに使う両建ては活用すべきだと思います。しかし、多くの初心者や負け続けている人は、含み損を大きくしないために、両建てを使う人が殆どです。両建てするのは非常に簡単であることに加え、一部FX会社ではMAX方式を採用しているため、保証金も片方だけで済む。だから多用する人が少なくありません。相場転換が見極められないのに、両建てをうまく外すことはほぼ不可能です。やって気づく両建て外しの難しさ。

ところで、両建ての勧誘が禁止されている理由をご存知ですか?両建てはその昔、商品先物営業マンの手数料稼ぎの常套手段でした。含み損を抱えた顧客に両建てを勧め、利食いできるほうをまずは手仕舞い、また両建てする。これを繰り返し、相場が動かなくなったら、違う銘柄を勧め、また両建て。両建てを手数料稼ぎ使ったのです。意外にこの事実を知らない人が多い。

両建てにおける鉄則は、ブレイクした方向のポジションを伸ばし、反対のポジションを手仕舞いするです。なので、損失確定を優先するのが先になるわけです。これができれば、両建てとうまく付き合うことができます。例えば、トレンドが転換したと思いポジションを保有。しかし、相場はレンジ相場の様相を強め、含み損を抱える。こんなときはレンジブレイクするまで両建てで対応するというのは戦略上、ありです。しかし、不用意、安易な両建ては絶対無しです。

1-4ワースト4<含み損を持ったまま放置>

5円以上、10円以上を狙ったトレードで、数円程度放置するのであれば問題ありません。トレード戦略が明確であれば、待つのも相場だと思います。しかし、1円や2円を狙ったトレード戦略で、相場状況悪化で含み損を放置するのは最悪です。ナンピンや両建てするよりはいいと思いますが、予測した相場展開通りに行かないのであれば、損切りが先決です。

戦略通り、イメージ通りに相場が動くことは稀です。イメージ通り動かなくても、対応次第ではそれでも儲かるのが相場です。

たぶんこの失敗が一番多いと思います。チャートやニュースを材料にポジションを持って、利食いできるものはさっさと利確し、損失が膨らんだものを放置。損失を確定しないうちは損だと思っていないのか、確定利益は溜まるけど、含み損は2倍以上の速さで膨らんでいきます。で、許容範囲を超えて、手に負えなくなると、放置プレイ。放置して勝手に育つ雑草やカビのように、ドンドン育っていく含み損を見て見ぬふりをしちゃうんですよね。

本当にこれは多い失敗なので、雑草とカビの処理と同じで早めに対応しないと、とんでもないことになります。レンジや値動きが小さいときほど、放置しても助かることが多くなりますので、これには絶対慣れないことです。今回も大丈夫だろうという甘い考えが、大失敗を犯す原因になります。

1-5ワースト5<損切りするけど、途転せず様子見>

ポジションの持ち方が悪く、見ているテクニカル分析やトレンドラインを参考に損切りし、後は様子見する。これは非常にいいことです。しかしこれでは儲かりません。損益が横ばいの人と、利益を積み上げている人の大きな違いがこれです。

トレンドが転換、あるいは動き出した方向に勢いがあるなら、途転しないと、利益を上げられません。途転とは、買いポジションを売りポジション、売りポジションを買いへひっくり返すこと。相場は読み違って当たり前なのです。ポイントはその後の対応です。だから、損切り後、動きに勢いがあるなら、様子見せず追随です。もちろん追随してまた損切りということも少なくありませんが、これができるようになれば、トレンドにも乗り易くなります。

まとめ

FX失敗ワースト5は以上です。失敗を避ける方法があればいいのですが、残念ながらありません。あるのは失敗を小さくすることぐらいです。FXで成功するには、大きな失敗を起こさないことが最も大事なことになります。そして、一定のものをドンドン増やしていく。これがFXで勝つ、儲けるための秘訣です。

こちらも合わせてご覧ください
FX初心者は必読ください!失敗後の改善点はたった一つだけでOK!

損切りが本当にできなくて困っているという方は、バイナリーオプションのトレードを検討してみましょう。自分の意思とは関係なく、満期になるとポジションが無くなります。これでポジションが一定時間でスクエア、無くなることに慣れたほうがいいと思います。

バイナリーオプションは、GMOクリック証券、FXプライムbyGMO、ヒロセ通商、FXTFで取り扱いがあります。

YJとみんなFXのリンクが切れておりますので、2社の口座開設をご検討中の方は他のブログで開設ください。

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
678dgf 678dgf 678dgf eo9u78413

“FX初心者必読!FXで失敗するパターンワースト5~人の振り見て我が振り直そう~” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です