1月30日(月)も窓空きでスタート

2017年1月30日月曜日もドル円は窓空けしてスタートしました。

毎週、トランプさん、本当にいろいろ材料を提供してくれます。

週末、ドル売りポジションを持って越週したトレーダーのみなさんおめでとうございます。

すぐ利益が出てよかったですね。

でも反対に動いていたら顔が青ざめていたと思います。

このようなギャンブルトレードはできるだけ早く卒業しましょう。

エフプロもついついやってしまいますので、自分に言い聞かせているわけです。

クリックして読み進めていただくとうれしいです。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

さて、週末に掲載した記事をご覧いただけましたか?

2017年トランプ相場を利用したFX取引手法

朝からドル売りを仕掛けて上手くいった方が、中にはいらっしゃらるのではないでしょうか?

エフプロは、戻りの上値の重さを確認し、まずは114.80円台で打診売り、そして始値に逆指値エントリーを置いて追随売りしました。

その後、114円30銭台で2/3を利確し、残りで114円割れを狙ったのですが、思ったほど下がらず。

結局114.50円台で全部利確しました。

個人的には80銭ぐらい獲れるかなと思ったのですが、約50銭と20銭しか獲れませんでした。

でも御の字です。

今年窓空けは4回目

今年に入って、ドル円の週明け窓空けスタートはこれで4回目。

FX取引・行動
FX取引・行動

昨年から何となく気づいてはいたのですが、実践してみたのは今年からです。

毎週窓空けするとは限らない、そして毎回期待通りの値動きとなるとは限らないのですが、すべてこのトレード手法で利確ができています。

大きな資金を動かしているトレーダーであれば、この手法でキッチリ儲けられれば、後は何もしないというのもありかなと思います。

窓空けの2次的活用法

相場経験の長い方、しっかりチャートを見ている方はすでにお気づきだと思います。

窓が支持帯、抵抗帯になるわけです。

FX取引・行動
FX取引・行動

必ずしもそうなるわけではありませんが、窓空けしてから比較的短時間で窓埋めをトライした場合には、抵抗帯、支持帯として窓が働く場合が多いと思います。

今のところ窓は抵抗帯としてワークしていますので、30日ロンドン時間で戻りを売っているトレーダーも結構いるはずです。

エフプロはもう売りませんが・・・

すでに買い目線に転換しているので、今日はもう売れないと言ったほうがいいかも。このような値動きが苦手なのです。

現在は60銭台のドル買いポジションを持って、ブレイクを待っています。

→ダメなので損切り!

今日は113.92円に買い指値を入れてもう寝ます。

また来週の月曜日、同じような窓が空くか、そして2月も同じような頻度で窓が空くか、期待したいと思います。

最後に

今回ご紹介した窓空け時のトレード手法のほかに、ご紹介できるFX取引手法はこれだけではありません。

実はまだあります。

勿体ぶるような手法ではないので、いつか公開しようと思いますが、もしご興味がある方がいらっしゃれば、コメント欄にメッセージをお願いします。個別に対応させていただきます。

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
678dgf 678dgf 678dgf eo9u78413

 

次回は、「FXのトレードスキルを上達させる近道」をご紹介したいと思います。2月1日か2日までにはアップする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です