取引通貨を選択する方法とは?

どの通貨を取引したらいいか分からないとお悩みですか?

悩んでいる方はあなただけではありません。

いつもどの通貨を取引すべきか迷うという方は、FPROの経験上、意外に多いです。

通貨選択方法はいろいろあると思いますが、このページでは、取引通貨を選択する簡単な方法と、ちょっと難しい方法をご紹介します。

為替相場はジャンケンポン

FX取引・行動
FX取引・行動

為替相場は「ジャンケンポン」だということは分かりますか?

ドル、ユーロ、円でジャンケンポンして、どの通貨が勝ちか、どの通貨が負けなのかを見ると、選択は意外に簡単です。

ドルとユーロがパーで、円がグーのときは円が負けなので円安。

円がチョキの場合は勝ちなので円高。

このようなときは、ドル円とクロスをトレードするわけです。

ドルがパーで、ユーロと円がグーの場合は、ドルの勝ちだからドル高、そしてその反対はドル安。

このようなときは、ドル円やユーロドルなどを取引するのです。

ドル高、ドル安のとき、クロス円を取引して、横ばいということも少なくありません。

円安、円高地合いはクロス円がお勧め

円安地合いの場合、クロス円が最も上がりやすくなります。

なぜなら、クロス円は掛け算通貨だからです。

ドルが1、ユーロが1の場合、ユーロ円は1×1=1

ドルが2、ユーロが1の場合は、ユーロ円は2×1=2

ドルが2、ユーロが2の場合、ユーロ円は2×2=4

つまり、為替相場のテーマが円安の場合は、ドル円より、ユーロ円などのクロス円をロングにした方が値幅が期待できるということです。

反対に円高の場合は、クロス円をショートにした方が良いということです。

スプレッドやスワップポイントを気にするあまり、ドル円しかトレードしない、したくないという方がいます。

この考えは勿体無いです。

だから、円安、円高地合いではクロス円を積極的にトレードすることをお勧めします。

できれば、取引する際に確認するレート表を以下の順に並べてみてください。

ドル円、ユーロドル、ポンドドル、
ユーロ円、ポンド円

値動きを見るだけで何が買われ、何が売られているか、一目瞭然です。

世界各国の金利と株価で判断

金利と株価動向を見ると、今どの通貨に資金が流入しているのか、よく分かります。

下記サイトで無料で金利が確認できる
http://jp.investing.com/rates-bonds/world-government-bonds

例えば、トランプショック後、米金利が急騰。これに伴いドル円急騰、ユーロドル急落。

これで分かるように、米国のリスク資産、株式市場に世界のお金が流入しているわけです。

米債売り→米金利上昇→株式市場資金流入→米株式市場上昇→ドル買いという図式です。

2016年途中までは、日経平均とドル円の相関性が高く、それを参考にドル円をトレードできましたが、現在はその相関性が低くなっています。

なぜなら、日銀がETFの追加購入し、日経平均株価を下支えしているからです。

このようなケースもありますが、世界のお金がどこに流入しているか確認することで、通貨選択もしやすくなるわけです。

FX初心者にとってはちょっと難しいかもしれませんが、トレードを継続していけば、そのうち慣れてきますので、ぜひ参考にしてみてください。

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
678dgf 678dgf 678dgf eo9u78413

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です